CARATT

Staff Interview

社員インタビュー
河野 留美
管理部人事
河野 留美
Rumi Kouno

人と会社の伸びしろを第一に
もっと働きやすい体制作りを考えて

映像業界を志し、専門学校卒業後テレビ関係のカメラマンとして働いていましたが、非常に重労働で不規則な仕事のため、結婚や出産など将来への不安から転職を考えるように。次は大好きな子どもと関わる仕事を…と考えていた時にキッズスタジオという業態を知り、自分のスキルも生かせる理想の仕事だとワクワクしました。初めてのサービス業のため最初こそ難しい部分もありましたが、同期みんなで切磋琢磨しながら楽しく働ける日々でした。店舗勤務時代で特に印象的なのは、お客様のお叱りの言葉から「目の前のお客様に喜んで頂くサービス」と「全てのお客様に公平なサービス」の違いを学んだこと。広い視野で物事を捉える俯瞰の意識は、その後あらゆる場面で活かせています。

店舗勤務から1度目の産休・育休を取得した後には、店長職にも復帰。仕事と家庭との両立のため夫や両親にフォローしてもらってはいましたが、初めての子育てということもあって時間のバランスがうまく取れず、翌年からは副店長としての勤務へ変更していただきました。2度目の産休と育休後の現在は、教育・人事・採用を担当する部署に所属しています。各種研修で自身が講師となったり外部講師をアサインしたりするほか、店舗運営上のマニュアル作成、評価シートによる人事考課や新卒者採用など、キャラットにとって一番大切な「ひと」に携わる重責と共に大きなやりがいを感じる毎日です。 また、風通しが良く柔軟でスピード感もある会社の中で、スタッフみんながより動きやすくなるように後方支援をしていきたいと思っています。社風に合った独自の仕組みづくりなど、会社やスタッフがこれまで以上にもっと思い切ってアクセルを踏めるような体制構築に力を入れていきたいですね。

今まで自分の身を持って『ママの働き方』を考えてきましたので、これからも女性社員の目標になれるような働き方をしたいと思うと同時に、より一層ママが働きやすくなるような仕組みも考えていきたいです。社長との距離も近く、会社をよくするための提案ができる環境があるので自分の行動次第だと思っています。また、採用面接では、明るく笑顔の素敵な方、特に「店舗で働いている姿が想像できるかどうか」を重視しています。できるだけリラックスして、自分らしい言葉や表情で臨んでいただきたいです。

  1. TOP
  2. 社員インタビュー
  3. 河野 留美